【礎(いしずえ)】

いしずえ

存続可能な地域の礎を一緒に作りましょう!

H30年国民健康保険の県事業化計画や下水道事業の移管など制度の課題解決、
子どもや高齢者の安全確保など人に優しい交通安全社会の推進、
懸念されている医師・看護師不足解消、家庭や地域が主体となって高齢者を支援していける体制づくり。

子ども子育て支援新制度により保育所や認定こども園の整備を後押しし、待機児童ゼロを促進させる。
政策方針決定に女性が参画する、防災分野での活躍、仕事と家庭の両立支援など、女性が持つ力を発揮することで本県の活力を維持向上させる。

合わせて「子育ては尊い仕事」であるという理念を浸透させていき、女性が活躍躍進できる社会に。